坐骨神経痛

坐骨神経痛は大きく分けて2種類あります。腰周囲の異常が原因で神経を圧迫する、もう一つはお尻の筋肉が硬くなり坐骨神経を圧迫してお尻や足の方にしびれや痛みを引き起こします。

 

腰周囲の異常からくる神経痛で代表的なものが椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、脊柱管狭窄症、すべり症があります。

お尻の筋肉が硬さが原因で起こる神経痛としては梨状筋症候群があります。

 

この症状が出るまでには長い年月をかけ、ゆっくりと進行していきます。​

これを正常な状態に戻すことは難しいですが痛みやしびれを取ってあげることは不可能ではありません。

​もしその可能性があるのならFDM治療だけだと自負しております。

・一般的な治療

腰の牽引、温熱、電気治療、湿布、痛み止め薬、マッサージ、ストレッチ

・当院の治療

坐骨神経痛の痛みのほとんどが筋膜(筋肉を覆う薄い膜を含める結合組織)の癒着、股関節や腰部の可動域の減少が長期にわたり続くことが原因です。

当院では痛みの起こってる筋膜の癒着や股関節と腰部周囲の可動域を改善し神経にかかる負担を減らしていきます。

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Social Icon
  • ライン@ロゴ

© 2023 by The Health Spa. (著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

〒525-0026
滋賀県草津市渋川1丁目4-10
こう接骨院

お問い合わせ・予約(予約優先制)

TEL 077-565-1817