​テニス肘

 テニス肘とはテニスのストロークを繰り返し行ったことで肘が痛くなる障害で、サーブ、ボレー、ストロークで肘の外側を痛める場合と、フォアハンドストロークで肘の内側を痛める場合があります。
 どちらもボールがラケットに当たる時の衝撃が、手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返し加わることによって、発生します。
 外則のテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の発生頻度については、若年層で少なく、30代後半から50代に多いことがわかっています。

またテニスをしていなくても仕事でパソコンをよくされる方、重たいものを持つ仕事をされてる方にもよく起こります。

・一般的な治療 

前腕のストレッチ、マッサージ、電気治療、注射、湿布、痛み止め薬。

・当院での治療

繰り返しの負担により癒着した筋膜、骨膜を手技によって取り除き、難治性の滑膜にまで及ぶ痛みも解決します。

長年苦しまれてる方、たくさんいます。

​治療受ければ、わかります。お待ちしています。

© 2023 by The Health Spa. (著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

〒525-0026
滋賀県草津市渋川1丁目4-10
こう接骨院

お問い合わせ・予約(予約優先制)

TEL 077-565-1817