検索
  • こう接骨院院長

テニス肘で苦しんでる方へ。


まずテニス肘の原因ですが名前の由来通りテニスされてる方によく起こります。ストローク、サーブ、片手のバックハンド、ボレーで肘の外側に痛みを感じ、ひどくなると物を持つ動作などの日常生活にも影響を及ぼし長期間にわたり痛みが続くことがよくあります。

次に治療方法を説明します。まず損傷をうけた前腕の筋膜や骨と筋肉の付着部分の癒着を手技療法により取り除きます。翌日からは動かせる範囲で動かしてもらいます。おそらく長期にわたっていたテニス肘のケースでは2回目の治療も必要となってくるでしょう。このように治療と動かせる範囲で動かすことにより痛みの減少やできる動作が増えてくるのを実感できると思います。

もし整形外科で注射、リハビリを受けてるがよくならない方、整骨院などで治療を受けてるがよくならなくて困ってる方はなんとかしてあげれるかもです。

テニス肘でお困りの方、もう少し詳しい話が聞きたい、疑問に思うことがあればご連絡ください


80回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示