検索
  • こう接骨院院長

サッカー選手に多い股関節痛


聞き慣れないと思いますが、グロインペインまたは鼠径部痛症候群と言ってボールを蹴る、走る際に足の付け根(股関節前方)に痛みがでます。プロサッカー選手でもこのケガに苦しんでるといった報道もよく聞きます。サッカー選手以外でも、もちろん痛みを起こすケースもあります。

治療といえば電気治療やストレッチがよく行われてますが実際にはスッキリ痛みが取れない事がよくあります。

当院では足の付け根の筋膜(筋肉を覆う薄い膜)の異常と考え、手技により元の正常な状態に戻します。練習量が多いから仕方がないといって決して諦めません。痛みの原因を突き止め改善します。


153回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示